net-F1 spneo まとめアンテナ

インターネット上の有益情報を提供 最速ネット情報 総合アンテナ. 総合 · ニュース · アニメ・ ゲーム · 芸能 · スポーツ · 生活 · 海外 · ビジネス情報

“BIG3ロス”ウルグアイ戦控える森保ジャパン視聴率で大苦戦…パナマ戦平均視聴率は12.0%!

calendar

spo1810120022-p1

1: 2018/10/16(火) 12:10:42.70 _USER9

 16日キリンチャレンジカップ・ウルグアイ戦(埼スタ・午後7時35分キックオフ)を控えている森保ジャパンは15日、公式会見と公式前日練習を行った。

「日本代表の(現在の)力を測るのに最高の相手です。ポイントは<ボールの奪い合い>。球際の部分は激しくデュエルして欲しい」(森保監督) 相手のウルグアイはFIFA世界ランク5位の強豪(日本は54位)である。森保監督は、現時点でのベストメンバーを先発させるだろう。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「サウサンプトンCB吉田、ガラタサライ左SB長友、マルセイユ右SB酒井宏がDFラインを形成。ボランチにはヘタフェMF柴崎を、攻撃的な左サイドにはポルティモネンセMF中島を先発させ、もちろん勝ちにこだわると予想します」

■サッカー協会関係者もショック

 初陣コスタリカ戦(9月)、2戦目のパナマ戦(12日)ともに3―0で完勝の森保ジャパン。余勢を駆って3連勝といきたいところだが、ピッチ外では苦戦続きである。

「コスタリカ戦のテレビ視聴率が12.3%(ビデオリサーチ・関東地区)と低迷。放送業界に『森保監督のA代表初お目見えの試合なのに……』と衝撃が走った。そしてパナマ戦はスタンドに空席が目立った上に12.0%(同)とさらに低調な数字を記録。日本サッカー協会関係者もショックを隠せなかった」(マスコミ関係者)

 ちなみに――。2006年ドイツW杯で采配を振ったジーコ日本の初陣の視聴率は26.7%だった。中田ヒデ、中村俊、小野、稲本とスター選手がいたからだが、それにしても02年日韓W杯のトルシエ日本以降、コスタリカ戦の12.3%が「初陣視聴率ワースト1位」を記録してしまい、2戦目も落ち込んだというのはヤバイのひと言である。

「ロシアW杯後にメルボルンMF本田が代表引退を表明。ドルトムントMF香川、レスターFW岡崎はパフォーマンスが上向かず、実質的に代表引退扱いとなっている。このBIG3がいなくなったことで日本代表への関心が冷え切り、それが視聴率にダイレクトにはね返った」(前出の関係者) 取材現場では「BIG3ロスかなぁ~。勤労意欲が湧かないねぇ~」がマスコミ関係者の合言葉になっている。何とも地味で話題性に欠ける森保ジャパン、ピンチである。

10/16(火) 12:00配信


続きを読む

Source: Samurai GOAL